自分の才能がわからないんです!


という方はセッションでも本当に多い。

そして、才能がないんじゃなく才能を才能と思っていないパターンがほとんど。

だからこそ自分の才能なんてわからない。

例えば、転職したいが自分にはどんな業界が合っているかわらない、という人もいる。

人によっては業界そのものを伝えることもあるけれど、もっと広い視点でみたほうがいい方には、水星から才能を見出して、かみ砕いてわかりやすく伝える。


「人と深く関わることで元気にさせる才能があるよ」

「それって才能なんですか?」

「才能ですよ。人に深く関わっていく探求心があって、なおかつ自分のパワーをわけることをいとわない人。パワーはなくなっても自分だけで補える自家発電型でもあるし…」

「じゃあ、医療関係…看護師さんとか?」

「それでもいいけど、もっと広く考えてみて。具体的に何の仕事をするかではなく、自分のどの力(才能)を生かして何の仕事をするか、という考え方に変えてみることが大事」


この方の場合は、「人と深く関わることで元気にさせる才能」がある、ということだから、

まずはざっくり「人と接するパーソナルな仕事」に向いていることがわかる。そして、大切なのは、元気にさせるその方法は何でもいいということだ。