風の時代の「お金」とは


この前YouTube「気になる放談」で話していてふと思ったのだけど、

キャッシュレス決済=借金している、借金になってしまうのではないか というイメージが、キャッシュレスへの躊躇になっているのではないか、という話。

キャッシュレスになることは当然、物質的にお金が見えないことを意味する。

そしてそこにお金がなくても、あるものとして使えてしまう。

だから、こわい、と。

受け取るお店や企業側からしても、システムへの手数料がかかったり、

振り込みにタイムラグがあったりするし、

単純にすぐ現金として手元にないと経営がまわらない、

だから現金で、できるだけ払ってほしいのだという問題もあると思う。

まぁこれはまた別問題で改善の余地ありだと思うけど。


使う側は、キャッシュレス決済に眉をひそめて拒むのではなく、

お金に対しての認識を変えていかなければならないと感じている。

そこには、いかにも「風の時代」の力である想像力や考える力が必要になってくるのだ。


例えば、キャッシュレス決済で使いすぎてしまって支払いに困っている人、