私たちにとって太陽星座って?

更新日:4月14日

この前こんなアンケートをTwitterでとりました。



太陽星座とは、一般的な星占いで使っている一番よく知っている星座でしょう。

生まれた時に太陽がどの星座に入っていたか…ということです。

(5/21~6/20に太陽は双子座入りしているので5/23生まれの私は双子座、という考え方)


この太陽星座ですが一般的には、血液型占いのように、A型だからこう、B型だからこう、性質が決まっているように捉えている人も多いと思います。私の場合、双子座だから「天真爛漫、人とのコミュニケーションが好き、自由を好む」みたいな。そうそう、だから私そうなのよねーみたいな。あたかも「生まれながらにしてそうである」かのように。


でも、太陽星座をもっと深く捉えたい人。

太陽星座は「自分が求めている姿」として捉えてみてください。これはとてもホロスコープ的な太陽の捉え方なのですが、もっとくだけて言うと太陽星座は「この人生でなりたい自分」を示しています。


だからこそ、冒頭のアンケートを見てください。

これだけ「好き」と答えている人が多いのだと思います。

憧れている人、目標としている人に対しての気持ちと同じです。

生まれてこの人生が始まってから無意識に「そうでありたい」と生きてきているからこそ、