星座別 12月の私たちへ イントロ



ついに12月になりました。

ついに…です。約250年に一度のタイミングがやってきます。惑星の動きに興味がない人、知らない人でも戦々恐々とするような雰囲気は感じ取っていると思います。そうです。この12月は、「いつものよくある12月」ではありません。

12/22、木星と土星がぴったり重なるグレート・コンジャンクションという配置が起こります。この2つの惑星は個人にとっての社会に強い影響のあるものなので、この配置は、私たちに影響をする社会的な変化を引き起こします。

このように重なるタイミングは約20年周期で起こるのですが、今回は重なる場所が、約250年続いてきた土の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)を終え、風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)に変わります。そのため、これから先200年以上が精神主義、自由、思考などを重視する「風の時代」になると考えられています。



今回の「星座別12月の私たちへ」では、このグレート・コンジャンクションから伝わるメッセージをお伝えしたいと思います。今だけではなく、今後約20年にわたって大切にしてほしいメッセージとして書きました。

太陽星座、月星座、わかる方はアセンダント星座(ホロスコープの第1ハウスの星座)でご覧ください。

★星座別のとらえ方★

太陽星座 表面上、目に見える部分に強く作用すること

月星座 内面、目に見えない部分に強く作用すること